おまとめローンについて正しい知識を学ぼう

最近「おまとめローン」という言葉をインターネット上でもよく見かけるようになりましたが、そもそも「おまとめローン」とはどういったものなのでしょうか?

「おまとめローン」とは複数の金融業者から借り入れがある際に、それを一本化するローンのことです。
なぜこのようなローン商品に注目が集まっているのかというと、利用することによってメリットが受けられる点にあります。
それは、@一本化することによって管理が簡単になるA金利が安くなって返済金額を減らすことができるという2点で、これは多重債務に苦しむ人にとっては大きな魅力となってきます。
しかし、メリットばかりにみえるこの「おまとめローン」もメリットだけではなく、場合によっては大きなデメリットを生む可能性も無きにしも非ずです。
ですから「おまとめローン」を利用する際には、正しい知識を身につけておく必要があるのです。
このサイトでは「おまとめローン」を利用して本当に良かったということになるために必要な情報を提供して、正しい知識の元「おまとめローン」を利用できるようにその詳細について説明していきたいと思います。
それでは「おまとめローン」のメリットについて理解してもらったところで、まずは考えられるデメリットにはどのようなものがあるのかを簡単に説明しておくことにしましょう。

「おまとめローン」のデメリットとは?

@利息が安くなっていないことも「おまとめローン」のメリットは支払い金額が安くなるという点が最も大きなメリットとなってくるのですが、毎月の支払い学に囚われて、実は以前より利息が高くなっていたというケースも珍しくありません。
これは毎月の支払い額だけに目がいって、総支払額を見落としている場合です。
「おまとめローン」は5年位の返済設定がされることが多いのですが、中には6年や7年というケースも見受けられます。毎月の返済額が現状よりも下がったとしても、返済年月が伸びていては実際のところ総返済額が乗り換える前よりも高くなっていたという事態を生み出すことにもなりかねません。
「おまとめローン」の金利がいくらに設定されているのか、総支払額は幾らになるのかをキチンと把握するようにしましょう。
A減らせる借金をそのままにしている可能性も「おまとめローン」は現状の借金を借り入れ先に一括返済して新たに契約した先に返済を行うことになるのですが、この際に利息制限法による見直し計算は行われません。
ですから通常なら過払い金を取り戻すことができる場合も、そのまま見逃してしまうことになるケースが多いのです。
この点は専門家への相談も必要となってくるところですが、「おまとめローン」に申し込む前に見直し計算は必要ないのかという点は心がけるようにしましょう。

その他のおすすめサイト

 

更新履歴